東京の医療脱毛は安心できますか?敏感肌なので迷っています。

敏感肌やアレルギー肌の人は、「自分は医療脱毛など受けられない」と思い込んでいる傾向があります。

しかし脱毛に関しては医療脱毛でもエステサロンの脱毛でも大丈夫。

むしろ自己脱毛のほうが危うく、肌トラブルと隣り合わせです。

■敏感肌でもアレルギー系の肌でも大丈夫。

医療脱毛やエステサロンでの脱毛は主にレーザー脱毛と呼ばれるもので、たとえば脱毛器具などを使ってムダ毛や毛根に直接手を触れるものではありません。

レーザーは毛根やその周辺にある“毛根・細胞にのみピンポイントで照射される”ので、他の細胞をキズつけることはありません。

医療脱毛とエステの施術では、レーザー出力に強弱の違いはありますが、たとえば敏感肌やアレルギー体質の人でも、支障なく受けることができます。

東京にあるクリニックなどでは、こうしたメリットをパンフレットにして啓蒙しています。

■自己処理による脱毛のほうがよほど危険。

自己処理による脱毛の場合、薬剤やテープ、ナイフなどで脱毛を行ないますが、これは器具や指が直接肌に触れてしまうため、衛生面で問題があり肌トラブルやケガの危険性もはらんでいます。

プロの手に委ねる医療脱毛などより、よほど危ういものですのでおすすめできません。

病院やクリニック、脱毛エステなどで一度カウンセリングを受けてみてください。

■正しい脱毛の仕方を知ることでトラブルを防止。

ケガをして病院に駆け込む人が増えています。

東京、大阪などの都市圏では、脱毛ニーズの拡大にあわせて、「正しい脱毛のあり方と自己処理の危険性」について、積極的な呼びかけを行っています。

自分で無理して脱毛処理を行った結果、ケガや肌トラブルで皮膚科などの医療機関に駆け込む患者が急増しているからです。

気をつけましょう。