毛質が硬くて太いので東京の医療脱毛でも無理と言われましたが?

剛毛女子、太毛女子、いろいろな言われ方をしますが、こうした人たちは男性も含めて、ほんとうに医療脱毛を行なっても効果はないのでしょうか。

東京の専門医に聞く限りではそのようなことはありませんでした。

剛毛の脱毛の是非を考えてみます。

■「剛毛や太い毛でも永久脱毛できる」(東京のクリニック医師)。

一般的な医療脱毛の方法はレーザー脱毛といって、強い光によって毛根細胞を一撃・消滅させるものです。

ピンポイントで強いレーザーが照射されるので、他の細胞を傷つけてしまう危険性はありません。

エステや美容サロンで行われているレーザー脱毛は、医療機関の機器とは違ってレーザーが弱いため、剛毛・太毛の人には効きにくいかも知れません。

東京のクリニックで聞いた限りでは「たとえ剛毛や太い毛であってもキレイに永久脱毛できる」ということでした。

■「痛みを感じやすい人には麻酔も」(同東京のクリニック医師)。

ただしレーザー光が強力であるため、痛みを感じやすい敏感肌の人やもともと肌の弱い人には、照射時間を調節してスケジュールを組み立てるため、医療脱毛といっても日数がかかる場合があります。

また患者の希望に応じて麻酔を使う場合もあります。

余談ですが永久脱毛が可能なのは医療脱毛だけです。

サロン系の脱毛ではそれはできません。

半永久脱毛と言ったりしていますが、サロンの場合は具体的な脱毛期間の定義が曖昧なため、実質上は半永久でもありません。

■剛毛・太毛の人でも医療脱毛なら永久脱毛が可能。

肌チェックで照射時間なども調整してくれるので安心です。

結論的に言うと、剛毛・太毛でも医療脱毛を受ければ永久脱毛が可能です。

施術前に肌のチェックもしてくれるので、アレルギー体質の人、敏感肌の人でも安心できます。

ケア用のクリームなども処方してくれます。

事前にカウンセリングをお受けください。

東京でキャンペーンなどの格安医療脱毛は危険ですか?

夏前のシーズンは、すでに脱毛の繁忙期に突入していて、5月後半から客取り合戦がヒートアップします。

東京・大阪などの都市圏ではとくに過熱気味で、割引率も尋常ではありません。

そうしたキャンペーンの舞台裏、危険性を認識しておきましょう。

■エステ脱毛、儲かりの秘密とは何?

脱毛には医療脱毛とサロン系の脱毛の2通りがあります。

とくに夏前に客取り合戦が過熱するのはサロン系のほうです。

3割・4割引きは当たり前で、9割引やモニターキャンペーンの名目でタダ同然の脱毛サロンもあります。

そんなに安くして大丈夫かしらと思ってしまうでしょうが、エステサロンにはちゃんと儲かりの秘密があります。

他のエステサービスとセットにしてトータルで利益を出します。

悪い商法ではありませんが、結果的に多額の出費になります。

■東京だけじゃない、激安には裏がある。

呼び込みやチラシ、ネット広告につられてサロンに行くと、なかなか脱毛の施術には入ってもらえず、クーポンのおトク券や他のサービスメニューなどの話をされることが良くあります。

また激安で脱毛が出来ても、施術の最中に他のエステサービスを受けるよう、強要まがいのおすすめを延々とされることもあります。

すべて利益のためです。

違法ではありませんが、消費者庁に寄せられている苦情です。

東京に限らずどこでも、激安には裏があると心得ましょう。

※関連リンク⇒健康被害等に関する情報の提供と的確な対応 – 厚生労働省

■高額のエステを強要されたり、ローンやケア商品を買わされたりすることも。

東京に限らず、全国的に蔓延している事柄です。

認識しておきましょう。

高額のエステサービスを強要されて払えないと言うと、エステローンのような分割をすすめられたり、高額なケア商品を買わされたりすることもあります。

医療脱毛は病院やクリニックでの施術、医療行為ですからこのようなことはありませんが、一応の社会学として認識しておきましょう。

東京の医療脱毛は安心できますか?敏感肌なので迷っています。

敏感肌やアレルギー肌の人は、「自分は医療脱毛など受けられない」と思い込んでいる傾向があります。

しかし脱毛に関しては医療脱毛でもエステサロンの脱毛でも大丈夫。

むしろ自己脱毛のほうが危うく、肌トラブルと隣り合わせです。

■敏感肌でもアレルギー系の肌でも大丈夫。

医療脱毛やエステサロンでの脱毛は主にレーザー脱毛と呼ばれるもので、たとえば脱毛器具などを使ってムダ毛や毛根に直接手を触れるものではありません。

レーザーは毛根やその周辺にある“毛根・細胞にのみピンポイントで照射される”ので、他の細胞をキズつけることはありません。

医療脱毛とエステの施術では、レーザー出力に強弱の違いはありますが、たとえば敏感肌やアレルギー体質の人でも、支障なく受けることができます。

東京にあるクリニックなどでは、こうしたメリットをパンフレットにして啓蒙しています。

■自己処理による脱毛のほうがよほど危険。

自己処理による脱毛の場合、薬剤やテープ、ナイフなどで脱毛を行ないますが、これは器具や指が直接肌に触れてしまうため、衛生面で問題があり肌トラブルやケガの危険性もはらんでいます。

プロの手に委ねる医療脱毛などより、よほど危ういものですのでおすすめできません。

病院やクリニック、脱毛エステなどで一度カウンセリングを受けてみてください。

■正しい脱毛の仕方を知ることでトラブルを防止。

ケガをして病院に駆け込む人が増えています。

東京、大阪などの都市圏では、脱毛ニーズの拡大にあわせて、「正しい脱毛のあり方と自己処理の危険性」について、積極的な呼びかけを行っています。

自分で無理して脱毛処理を行った結果、ケガや肌トラブルで皮膚科などの医療機関に駆け込む患者が急増しているからです。

気をつけましょう。

東京の医療脱毛でのOラインやIライン、大丈夫ですか?

一般に女性たちが言っている脱毛サロンといえば、美容エステを兼ねたエステサロンです。

果たして刺激の強い医療脱毛でVIOラインの脱毛を行なっても大丈夫なのでしょうか。

東京における医療脱毛の現状を調べてみます。

■医療行為ではないエステのほうが危険?

エステで行う脱毛と病院などでの医療機関で施術される医療脱毛と呼ばれる2者の違いは、光線の強さ(=脱毛力)にあります。

馴染が深いことで「エステのほうが安心・安全」と思われがちですが、決してそうではありません。

むしろ脱毛希望者個々の肌の診断を医学的にはできないエステのほうが危険といえます。

また医療脱毛は光線が強い分だけ施術時間・照射時間が短く、それだけ肌へのダメージが少ないのです。

■肌の診断によっては脱毛を断られる?

東京都内にあるクリニックや外来のある病院では、最初に本人の肌の状態をチェックします。

もともと肌の弱い人やアレルギー体質の人、あるいは過去に湿疹などを発症させたことのある患者には、レーザーの照射時間を短くしたり、施術と施術の間隔を長めにとったりして調整します。

処方される外用薬についても個々に異なる用法・用量がアドバイスされます。

肌や既往症の状態によっては、脱毛そのものを断られるケースもあります。

■永久脱毛・半永久脱毛が可能なのは医療機関だけ。

東京にも多くのサロンがありますが、自分の肌を正しく診断できるのは医療機関のほうです。

肌はとてもデリケートなものであり、とくにVIOラインは粘膜組織と一体であることから、健康状態を左右しやすい個所です。

▼それ故気を使う方も多数いらっしゃいます→URL:http://www.j-cast.com/2015/07/18239946.html

肌の状態に関係なく、永久脱毛まがいの触れ込みで脱毛を呼びかけるサロンもあるので注意しましょう。

永久脱毛・半永久脱毛が可能なのは医療機関だけです。